上京する前に知っておけば良かった後悔リスト

私は3年前に鹿児島県の谷山というところから東京へ上京して看護師になりました。

上京する前に知っておけば良かったなということがたくさんあります。

以下は私が上京後に後悔したことリストです。

これから上京して働く看護師さんの参考になればいいなと思います。

  • 寮付きもしくは借上マンションのある病院を選べば良かった
  • 住むところの治安をしっかりと調べておけば良かった
  • 転職活動に必要な費用を負担してくれる病院を探せば良かった
  • がっつり都会ではなく少し都心から離れた病院にすれば良かった
  • 給料の金額だけでなく福利厚生もしっかり調査しておけば良かった
求人サイトを使う理由

仕事探し 住まい お金 上京体験

看護師の上京物語

私は東京にきて働いていること自体には後悔していません。

休日もすごく充実していて楽しいのですが、一つだけ悩みがありました。

それは想像していた以上にお金が貯まらないこと。

東京の求人は給料が田舎と比べると、すごく高いため魅力的にみえます。

しかし、実際には物価も高いため転職で気をつけないと私みたいに貯金が全然できなくなります(笑)

ちなみに、私は上京して最初に勤務した病院を1年で辞めて別の病院へ転職しました。

実は寮付きだったり、転職の費用負担があることを今の病院に転職してから知りました。

次はこうやって上京する!

私がもし次に上京して働くなら確実に求人サイトのコンサルタントを利用します。

私は上京してからしか使っていませんが、使ってみて思ったことは「すごく楽に転職できる!」です。

自分ひとりでの転職は、求人を探さないといけないですし、面接日も調整しますし、住むところを探したりすごく大変です。

上京して転職する場合、働きながらの転職活動はかなり辛いものがあります。

残業が多く休みも少ない看護師は一人で上京して転職することは物理的に不可能です!

コンサルタントを利用しなければ全て自分でやらなくてはなりません。

逆にコンサルタントを利用すれば転職の手間が3分の1程度になるんじゃないかなと思います。

また、よりよい条件で転職できるのがコンサルタントを利用するメリットです。

例をあげてみましょう。

自分で仕事を探して東京へ上京する例

交通費(面接回数2回、自宅探し1回) 格安航空券を利用
往復30,000円×3回=90,000円
ホテル代
5,000円×3回(各1泊2日)=15,000円
住むところ(敷金・礼金・引越し費用) 東京の平均家賃70,000円と仮定
敷金1ヶ月、礼金1ヶ月、引越費用
約240,000円
家財道具にかかる費用 TV、冷蔵庫、洗濯機など最低限のレベル
約200,000円
合計(最低限レベル) 約500,000円

上記の例では、初めての一人暮らし、最初の病院で決まった場合で電車代等は考慮していません。

実際には食費や雑費等が加わりますが、最低でも初期費用で50万円は用意しておく必要があります。

コンサルタント経由で条件の良い病院に就職する例

交通費(面接回数2回、自宅探し1回) 面接等にかかる費用を負担してくれる病院を紹介してもらえば0円
※ただし、食費は自分で負担が必要
住むところ(敷金・礼金・引越し費用) 寮付き、借り上げマンションがある病院のため初期費用は引越費用の100,000円
※病院によっては支度金があります
家財道具にかかる費用 家電付きのマンションがあるため費用負担なし
合計 0円~100,000円

自分一人で探すよりもかなり得をすることになります。

寮や借上マンションは家賃負担が1~3万円程度のため年間で40~60万円も手取額が変わってきます。

もっと良い条件だと家具付で実質費用が交通費のみというところもあります。

コンサルタント利用の流れ
  1. 求人サイトに登録をする
  2. 電話で面談をする
  3. 求人先をいくつか紹介される
  4. 紹介された求人に希望のところがあれば伝える
  5. 履歴書と経歴書の送付(コンサルが添削)
  6. コンサルタントが面接日を調整する
  7. 面接日までにコンサルが面接のポイントを教えてくれる
  8. 面接に合格したらコンサルが条件交渉
  9. あなたが納得できる条件なら入職決定

一般的に求人サイト経由で転職をするときにはコンサルタントとの面談があります。

上京する看護師は面談で経歴や希望条件等を話してあなたに最適な求人が紹介されます。

田舎からの上京になると電話面談が一般的です。

コンサルタントから電話連絡があり、そこで色々と質問をされます。

全国に拠点のある求人サイトなら面談が出来るケースもあります

例えば、どんな病院を希望していて、何科で働きたいのか?、希望の年収、希望の勤務地などです。

それを元に登録したときのメールアドレス宛に、いくつも求人票が送られてきます。

電話面談では以下のことを伝えると良いです。

  • 面接費用を負担してくれる病院
  • 寮もしくは住宅手当のある病院

また人間関係についても必ず聞くようにしましょう。

求人サイトのなかには人間関係まで調べてくれるとこもあるので要確認です。

サブコンテンツ

上京前に確認しておくこと

上京前に忘れがちだけど絶対に確認しておきたいことが住むところ周辺の治安です。
土地勘がないと名前や地名だけで判断しがちですが、都心は有名なところでも治安の良くないところもあります。

特に女性の場合は要注意!
そういった意味でも病院の借り上げマンションは非常に良いです。

なぜならセキュリティーがしっかりしているところが多いからです。
上京をするなら色々と負担をしてくれる病院へ応募することをおすすめします。

このページの先頭へ