上京の初期費用の相場

東京タワー

上京時には初期費用がかかります。

このページでは田舎から東京に上京する際にかかる初期費用の目安となる各費用の内訳を記載します。

勤務場所が東京都内のケース
関東は住む場所によって金額に幅が大きいです。
しかも、一度住むと数年間は引っ越しは費用的に難しくなります。

そのためも上京するときは、情報をしっかり集めつつ、慎重に検討しましょう。

看護師が上京費用をおさえる方法

家賃(ワンルーム)

家賃相場は住む場所によって変わります。
勤務場所が都内であっても神奈川、埼玉、千葉から通うことも可能です。

東京都(23区) 70,000~100,000円/1ヶ月
神奈川県 60,000~80,000円/1ヶ月
埼玉県 50,000~60,000円/1ヶ月
千葉県 50,000~60,000円/1ヶ月

家賃の他に初回契約時には必ず敷金や礼金など初期費用が発生します。

敷金 家賃の1~2ヶ月
礼金 家賃の1~2ヶ月
保証金 家賃の1ヶ月
保険 15,000~25,000円
鍵交換 15,000~20,000円
紹介料 家賃1ヶ月分の50%

東京の看護師が就職サイトを使う5つの理由

最近は保証会社の利用が必須というところも少なくありません。

一般的には契約金と初回家賃を同時に振込みます。

都内であれば初期費用として30~50万円を想定しておくと良いですね。

実際のところは家賃は設備、駅チカなど条件によって大きく異なります。

渋谷、恵比寿、六本木などになると最低でも10万円。

都内なら7~10万円を想定しておくと良いと思います。

埼玉、千葉は4万円代の物件もあります。
女性ならセキュリティ環境も考慮すると7万円程度と考えておくと良いですよ。

通勤時間を考慮しよう。

忙しい看護師の場合は、勤務時間は30分、長くても1時間を目安です。

通勤に2時間(片道)もかける人もいますが、1日24時間しかないのに、通勤時間が往復4時間となると時間が勿体無いですし、通勤が辛く嫌になって引っ越しをする人も少なくありません。

家電・家具

TV、洗濯機、冷蔵庫、布団は最低でも必要です。

その他に、ベッド、テーブル、電子レンジ、炊飯器など少なく見積もっても50万円は必要です。

その他にもカーテン、食器類、タオル等も必要になるはずです。

雑費として1~2万円は用意すると良いと思います。

引越し費用

引越し費用はぼったくられる確率が高い出品の一つです。

家電類は引っ越し先で購入するか、家電量販店から送ってもらうと送料も安く抑えられます。

ダンボール10箱以内、大きめの物が2~3個程度なら5万円程度で出来ます。

引越し業者によっては2~3万円というところもありますよ。

引っ越しは相見積でかなり価格を安くできるので活用しましょう。

東京への引越費用の相場

上京費用を抑えるために

上京費用は本当にピンきりです。
20万でできる人もいれば100万円もかかる人もいます。

できる限りコストを抑えて…という方であれば転職方法が重要です。

上京費用を最も抑える方法が寮付・借上アパートのある病院への就職。

月々の家賃補助もあるため年間で30~50万円もお得です。

また、働く病院から近場にあることが多いため通勤時間を短縮できてプライベートの時間も増えます。

求人サイトでは特集があったり、コンサルタントにお願いをすれば、該当する病院を紹介してくれますよ。

ただ、どうしても同僚と住むところが同じというのが嫌という人もいると思います。

そういった方は、

  • 引っ越しは相見積を取る
  • 家電類は一人暮らしパックを選択する
  • 家具家電は働きながら徐々に揃える

などをすると初期費用を抑えることが出来ます。

最低1.2ヶ月分の生活費

働き始めて1ヶ月間は無収入です。
そのため少なくても1.2ヶ月分は現金を持つようにしましょう!

特に初めて一人暮らしをする方は気をつけて下さい。
1ヶ月の生活費の感覚がまだ分からないことも多いと思います。

食費の他に電気・ガス・水道などこれまで自分で払っていなかった出費があります。

サブコンテンツ

初期費用を抑えるために役立つサービス

初期費用を抑えるために役立つサービスとして、引っ越しの見積サイト、航空券の格安サイトは費用を抑えることが出来ます。

あとは家電製品を揃えるなら一人暮らしパックもおすすめです。
また、引っ越しをすることを考えれば家の不要品を売るというのも費用捻出におすすめ。

オークションで不要品を売ると意外と売れたりします。
自分ではいらないと思っていても、他人からすると「欲しい!」と思うこともありますので活用すると良いですよ。

このページの先頭へ