上京しての転職活動を上手くやるコツ

選考

上京する看護師が転職活動の面接においては以下の3点に注意をしましょう。

  • 2~3の病院の採用試験を受ける
  • 面接費用を出してくれるか交渉する
  • 面接回数を少なくしてもらう

上記を行うことで転職活動にかかる費用をおさえることができます。

東京の看護師が就職サイトを使う5つの理由

2~3の病院の採用試験を受ける

上京して転職活動をするときに重要なのが受ける病院の数です。

1つの病院だけでなく、2~3つの試験を受けることが必須です。

なぜなら1つの病院に受かっても「気になるところ」があると迷ってしまうからです。

そのため必ず1つの病院だけの採用試験を受けるのではなく、気になる病院をいくつか受けましょう。

面接日は同じ日にちに設定する

上京して就職試験を受ける看護師さんの場合、何度も上京して面接を受けることは金銭的にも時間的にも大変になります。

そのため面接日を同じ日に設定することが必須です。

仮に面接日を○月○日と指定されても、別の病院がNGなら日時を変更してもらうよう依頼しましょう。

面接費用を出してくれる病院

病院のなかには遠方から面接を受けにきてくれる看護師さんに交通費を支給してくれるところがあります。

また、人材紹介会社を利用すれば「面接費用」の交渉もしてくれるので便利です。

上京して転職活動をすることは費用が大きくかかります。
飛行機代、東京での電車代、昼食代、人によってはホテル代も必要です。

以下に福岡から東京に上京する看護師さんの就職活動にかかる費用例を記載いたします。

福岡から東京の病院を受けるときに必要な費用例
飛行機代:往復30,000円
電車代:3,000円
食事代:2,000円

大まかな数字になりますが約35,000円程度です。

飛行機代は正規料金ですと更に高くなりますが、安いチケットなら片道15,000円ぐらいになります。

また、宿泊をする場合は安いホテルなら1泊5,000円程度です。

飛行機の場合は3ヶ月前など事前に予約をすると安くなりますが、面接は3ヶ月前から予約できないため15,000円くらいになります。

面接回数が費用に大きく影響する

面接回数によっても費用は大きく変わってきます。

病院によっても面接回数は異なるのですが一般的には2回が多くなります。

そうなると前述の35,000円の2倍になりますから約7万円になります。

1つの病院で決まれば良いのですが、落ちたり、内定をもらっても気になる部分があって他の病院を受けたら転職活動にかかる費用が高くなります。

上京の転職活動に人材紹介会社は必須

人材紹介

上京したい看護師さんが転職活動を成功させたいなら人材紹介会社は必須です。

  • 面接日の日程を1日に調整してくれる
  • 面接にかかる交通費の交渉をしてくれる
  • 面接回数を少なくしてくれるように交渉してくれる

この3つのことを代行してやってくれるからです。

面接回数は少なくなる分、履歴書の書類選考が厳しくなりますが、添削をしてくれるます。

その他、同じ病院で1日に2回の面接(1次面接が看護師長、2次面接で部長や院長など)をおこなうように調整してくれることもあります。

東京の看護師が就職サイトを使う5つの理由

都会は転職をする看護師が多い

都心の看護師さんの多くは人材紹介会社を利用して転職をする人が多いです。

実や東京や大阪の経験者の離職率は非常に高いのです。

これはより好条件で働く環境を求めて人材紹介会社を利用する人が多いからだと思います。

田舎ですと人材紹介会社の求人はそれほど多くありません。

しかし、都会だと魅力的な求人が多く、転職する人が多くなるため結果として離職率が高くなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ